スイッチング電源RCPシリーズ

電源モジュール RCP-2000/ RCP-1600/ RCP-1000
ラックシステム RKP-1U/ RHP-1U/ RCP-1U
モニタリングシステム RKP-CMU1/ RCP-MU
ラックマウント型バッテリー充電器 RCB-1600/ RHB-1U

RCP-2000



  • 入力電圧ユニバーサル設計(耐最大サージ入力300Vac 5秒間)
  • PFC(Power Factor Correction 力率改善)回路搭載
  • 最大効率92%
  • 内蔵DCファンよる温度連動空冷
  • 出力電圧設定可能
  • 内蔵OR FET,ホットスワップ(ホットプラグ)対応
  • 19インチラックマウント1U,6000Wまで冗長可能(最大3U,18000W)
  • I^2Cインターフェース,PMBusプロトコル搭載
  • 絶縁保護コーティング選択可能
  • 短絡,過電圧,過負荷,過温度保護回路搭載
  
型式
RCP-2000-12
RCP-2000-24
RCP-2000-48
出力電圧
12Vdc
24Vdc
48Vdc
定格電流
100A
80A
42A
定格電力
1200W
1920W
2016W
リプルノイズ(最大値)※1
150mVp-p
200mVp-p
300mVp-p
出力電圧可変範囲
10.5~14Vdc
21~28Vdc
42~56Vdc
出力電圧誤差範囲※2
±2.0%
±1.0%
入力変動/負荷変動
±1.0%
±0.5%
起動時間
1500ms,60ms/230Vac(定格負荷時)
保持時間(平均値)
16ms/230Vac(75%負荷時),10ms/230Vac(定格負荷時)
入力電圧範囲※3
90~264Vac,127~370Vdc
入力周波数範囲
47~63Hz
効率(平均値)
86%
90.5%
92%
AC電流(平均値)
13A/115Vac
7A/230Vac
16A/115Vac
10A/230Vac
16A/115Vac
10A/230Vac
突入電流(平均値)
50A(初期接続時)
漏洩電流
<1.1mA/230Vac
補助電源
+5Vdc/0.3A,+12Vdc/0.8A
リモートON/OFF制御
外部スイッチ,ON:短絡,OFF:開放
リモートセンサ
負荷配線の電圧補償,最大0.5Vdcまで
出力電圧調整
定格出力電圧の90~110%に調整可能
DC/AC OK信号
ファンエラー信号
絶縁TTL信号出力
過温度警報/保護
ロジックH出力/保護形式:出力遮断,温度低下で自動復帰
過負荷保護
定格の105%~125%出力電力
保護形式:定電流制限,5秒後出力遮断,AC入力再投入復帰
過電圧保護
14.7~17.5Vdc
29.5~35Vdc
57.6~67.2Vdc
保護形式:出力遮断,AC入力再投入で復帰
動作温度
-40~70℃(出力特性をご参照ください)
動作湿度
20~90%RH(結露なきこと)
保存温度,湿度
-40~85℃,10~95%RH(結露なきこと)
温度係数
±0.03%/℃(0~50℃)
耐振動
10~500Hz, 2G 10min./1 cycle,60分,XYZ各方向
安全規格
UL 60950-1; TUV EN60950-1; EAC TP TC 004認証
耐電圧
I/P-O/P:3kVac,I/P-FG:2kVac,O/P-FG:0.7kVdc
絶縁抵抗
I/P-O/P,I/P-FG,O/P-FG:100MΩ/500Vdc/70%RH
EMI
EN 55032(CISPR32); EN 55011(CISPR11)
Conducted Class B,Radiated Class A
高調波電流
EN 61000-3-2; EN 61000-3-3
EMS
EN 55024; EN 61204-3; EN 61000-6-2;
EN 61000-4-2, 3, 4, 5, 6, 8, 11
MTBF
145.1khrs MIN. Telcordia SR-332(Bellcore); 37.4khrs MIN.(MIL-HDBK-217F準拠)
寸法(W×H×D)
127×41×295mm
重量
2kg
◆仕様及び外観は,改良のため予告無く変更することがあります。
◆筐体なしにて測定しています。
◆記載無きものは,入力230Vac,定格負荷,外気25℃環境にて測定しています。
◆電源は装置に組み込まれる部品としてみなされます。組み立て後の装置にてEMC指令に適合するか再確認を行ってください。
◆2000m以上の高度でご使用になる場合の周囲温度ディレーティングは,ファンレスモデルで3.5℃/1000m,ファン付きモデルで5℃/1000mです。
※1 リップルノイズ測定は,0.1μFと47μFのコンデンサを並列で終端処理をした,30cmツイストケーブルを用いて20MHzで測定しています。並列運転する際,軽い出力負荷での出力電圧リップルは仕様より高い可能性があります。10%以上の出力負荷になると,正常のリップルレベルに戻ります。
※2 誤差:設定誤差,入力変動,負荷変動誤差を含みます。
※3 入力電圧の低下によりディレーティングを起こす可能性があります。詳細は出力特性をご参照ください。







ラックシステム:RKP-1U
モニタ
リングユニット:RKP-CMU1
RKP-1U
RCP-2000用ラック
1U最大3台6kW
最大3U(18kW)
RKP-CMU1
RCP-2000用制御モニタリングユニット

 

製品一覧

技術サポート

ダウンロード

製品購入